So-net無料ブログ作成
検索選択
   ステアリン酸石鹸で乳液 ブログトップ

忘れてないよ、続 ステアリン酸石鹸乳液1 [   ステアリン酸石鹸で乳液]

以前、作ったステアリン酸石鹸 1ヶ月経ったので 熟成完了。
熟成したから、アルカリ度もかなり下がっているのでは、という
期待もあったものの、あまり変化はなかった。
pH試験紙では、じゃっかんアルカリ度の高い色をあいかわらず示す。

さて、乳液つくりもここで 実験再開。
欲しかった、マカダミアナッツのオイルも手に入れたので
スキンケアに、使ってみますぅ。
きっと、このオイルは老化肌の私のお肌にはぴったしであろう。
マカダミアナッツオイル  大さじ2  精製水          大さじ4 pH調整の為 木苺のお酢  10滴位ステアリン酸石鹸       2gグリセリン        小さじ2分の1

今回は、0.1gから計れる計量器を手に入れたのでばっちし
正確なはず。以前は、1gからの計量器で計っていたので、
1gから2gになるこの間、少しだと思う差が、結構大きいということを
感じた私は手に入れることにしたんです。
高価なイメージがあったけど、そんな事なかったし。。。


さて、さて 今回は水分を少なめにしたので乳液というよりクリーム
なりました。そして、やはり乳化剤にステアリン酸石鹸を使っているので
石鹸成分が気になる。そこで、濃い目のお酢で(3倍くらいに薄めたもの)
をクリームを付けた後に、そっと押さえておく事にした。

これが、かなり濃い目のお酢だったので目の周りに付いたお酢は目にしみる作用があった・・・。酸が強いのも、困り者だ。もう少し、いやもっと薄くてもいいかも・・・。要調整!

                     次回へつづく



共通テーマ:blog

忘れてないよ、続 ステアリン酸石鹸乳液2 [   ステアリン酸石鹸で乳液]

使ってみたよ!
今回は、前回のような白い粉をふくような皮むけはなかった。
ただ、お酢の濃度を間違えると偉い目に合うと言うことが
身を持って、分かった。(目にしみる)
そして、思ったことは、もう少しクリームの伸びがいいものが良いと思う。
使用感は、悪くはないがもう少し保湿感が欲しい感じかな。
もっと、グリセリンを入れてみようかな。
おそらく、この使用したマカダミアナッツオイルは 大事にしたい
オイルになると思う。
もう少し、続けて使用してみてどうなるか 記録しておこうと思います。

私の目標!! 合成界面活性剤で出来た乳化剤を使わず、肌に優しい乳液を 作り上げることかな。大豆レシチンもいいのは確認済み。 だけど、このステアリン酸石鹸を乳化剤として使った乳液を 極めることに只今 私の熱意が炸裂しています! 興味のある方、どうぞ見守ってやってくださいませ。



共通テーマ:blog

忘れてないよ、続 ステアリン酸石鹸乳液3 [   ステアリン酸石鹸で乳液]

少々、使い方を変えてみた。
まず、ひとつに お酢の薄め具合をさらに倍にした。
要は6倍に薄めたことになる。


そして、クリームを塗った後だけでなく、最初に化粧水代わりに
使用しその後 再度 使用するものとした。
それから、このお酢の化粧水にグリセリンを補給することにして
潤い感を満たそうとしてみた。

しばらくしてみても、変なツッパリ感はなく オイリィなくらい
しっとりしている。ちょっと、にきびが出来ているような気もするけど
翌朝、いかほどになっているか、楽しみだ。

翌朝、恐々 鏡の前に立つと しっとり潤って いやな肌荒れ
起こってなかった。だけど、生理前もあってかもしれないけど
やはり ニキビが小さいのが増えたような。。。
でも、悪くなさそうなので、もう少し様子を見て見ます。

PS. やっぱり まだ お酢の濃度を薄めてもいいかも。。。お酢のにおいが気になるのと、まだ 目にしみる。




共通テーマ:blog

ステアリン酸石鹸で作った乳液の性質 [   ステアリン酸石鹸で乳液]

pH試験紙で、ステアリン酸石鹸で乳化させて作ってあった
乳液を確認してみた。
すると、結構 アルカリ度の高い色がでた。他のサイトで調べたけど、
やはりそのようなことが、書いてあったのでなるほど、と思った。

仮に、アルカリ度数が高いとお肌に刺激があるとするならば、
この乳液で肌を荒らしたという説明は付きそう。でも、まだ
これ一つの要因とも 言いがたいとは思うけど・・・

さらに、原因を追求していこうと思う。忘れない限り。。。



共通テーマ:blog

ステアリン酸石鹸の乳液 その後のゆくえ [   ステアリン酸石鹸で乳液]

作ったその日に使って、翌日には 肌を荒らしたこの乳液
ちょっと、使うのは もう怖いので 実験に使ってみることにした。

この乳液(アルカリ性のはず)なので、お酢を使っている化粧水
注げばどうなるかをやってみた。

普通は、オイルとお酢が分離することとは思うけど、ステアリン酸のような
もともと固い脂肪酸は、いかになるのかを 確かめてみたかった。

その1
 これは、例の乳液とお酢の化粧水(お酢を精製水で薄めたもの)

その2
 お酢を投入!

その3
 おっ、分離してきているぞ。

その4
 かき混ぜてみる。白い、だまだまになり始める。

その5
 すっかり、分離して白いものが固まりになった。


 


さてさて、この白い固まりはいったい何?と考えてみると、ステアリン酸だろうと思う。でも、こんなにクリーミィーなのは、きっと 一緒に使用した太白ごま油も含まれているのだろうと思う。で、ここで疑問が浮かび上がる。
石鹸成分は、どうなったんだろうと。。。お酢により中和されて界面活性剤の効力を失うということは、石鹸成分も無くなっていると言う事なのか?
どうなんだろう???
でも、乳液として使うのなら石鹸成分は消えてくれれば、好都合。
(石鹸を洗い流さず、顔に塗って放置するようなもんだから・・・)
じゃぁ、クリームを作るのには、後で中和させてしまって固まりを寄せ集めればいいのでは???
待てよ、もしかして ステアリン酸とオイルだけで クリームが出来るのではないのか?もし、そうだったら無駄なことしていたことになる。
一度、これも確かめる必要があるな。。。









共通テーマ:blog

ステアリン酸石鹸で作った乳液のその後 [   ステアリン酸石鹸で乳液]

  悲しいことに見事 お肌がカサカサ 白い粉をふくように うっすら
むけた。なんてことだ。。。
これなら大丈夫だろうなんて、たかをくくっていたけど、甘かった。
遠巻きに見ると分からなかったけど、よく見れば 昨日 つっぱるなぁ、
って思ってた部分が特にむけている。

エマルシファイイングWAXとは、また違う症状。

それよりはまだ、ましな症状だけど、このまま続けるのには
もともと老化肌の私にはきつい。
そこで、また 以前から使っているメーカー化粧品に逆戻り。
やはり、ダメージをこれは 回復しかけてくれる。
いったい、どうしてなんだろう。。。
実は、私は肌が自分では強いと思っていたけど間違えだったのか。。

いろいろ考えた挙句、疑問が浮かび上がった。
1つに、ステアリン石鹸を作ったその日に 使い始めていること。
確かに見た目は、固い石鹸だけど、ふつうは鹸化させるのに
1ヶ月位、熟成させる。
それなのに、固さだけで判断してすぐ使用して、本来 良いものなのか。
どこかの本で見たような気がする。
固いだけで、鹸化は通常通り日にちがかかると・・・。
だったら、1ヶ月熟成後 もう一度 作成して 試してみることにする。
ちょっと、また 怖い気もするけど、やってみるしかないね。

それともう一つの疑問。
そもそも、脂肪酸の一つであるステアリン酸を植物オイルから抽出する際に、
何らかの薬品が使われていないのかなという、疑問。
これは、私の勝手な憶測なので、メーカーに聞くことも出来ないな。
まずは、第一の疑問の確認をしてからまた、考えることにしよっと。



共通テーマ:blog

弱アルカリ石鹸 [   ステアリン酸石鹸で乳液]

手づくり石鹸は、弱アルカリ性で出来ている。
と、言うことは、乳化剤として使ったステアリン酸石鹸も
弱アルカリ石鹸。。。

どこかの本で、化粧品の弱アルカリ性はいかがなもんかと、あったのを
思い出した。石鹸は、洗い流すけど化粧品はつけっぱなし、だから
お肌には負担がかかるのではないかとあった。
基本的に、化粧品は弱酸性で出来ているみたい。

でも、お肌には、中和させる機能が備えられているといってたのに
化粧品はだめなの?なんだか、訳が分からなくなってくる。

石鹸シャンプーの後のリン酢の真似をして
化粧水ハーブ入りビネガーにして 中和させればいいんじゃない
かい?と思って、そうすることにした。
使い心地も悪くないし、より 落ち着くようにも感じたのでので
これで 使っていこうと思う。自分が、実験台だぁ〜^^〜
また、結果は後ほど。。。



共通テーマ:blog

ステアリン酸石鹸で、乳化させるぞい! [   ステアリン酸石鹸で乳液]

さてさて、粉末にしておいたステアリン酸石鹸を、使って
乳液を作ってみようコーナー

      ステアリン酸石鹸  2g        太白ごま油   25g      

             精製水    100g

2回ほど違うレシピで試しに作ってみたけど、固かったり あわあわの粒が
出来てしまったりだった。



上がステアリン酸石鹸10パーセント下が上のものに水分を適当に足して薄めたもの。(水分量を覚えてない。)そして、冷めるまで攪拌したら泡が小さい固まりになってしまった。

なので、作り方を少々 調整してみた。
始め、ステアリン酸石鹸を精製水の中に入れ湯煎で溶かす。
透明になったら、同じく湯煎しておいたオイルを投入!
そして、混ぜる。湯煎からおろし、あら熱が取れるまで 混ぜる。
でも、混ぜすぎると泡が出来、最終的に粒粒が出来てしまうので
ある程度、オイルが分離しない状態になったら 放置することにした。
そして、完全に冷めた時見てみると、なんとなく 牛乳かんのように
なっていた。スプーンでぐちゃぐちゃに混ぜた後、容器に入れ
シェイク、シェイクする。すると、結構 なめらかな 乳液になった。
意外にも、最初はシャブシャブであっても 完成品は予想よりはるかに
硬めに出来ることに驚く。
もう少し、市販の乳液のようななめらかさを、出すには研究が必要かな。。
多分、もう少しオイルを増やせばいいんじゃないかな。
また、この乳液がなくなったら チャレンジしてみたい。

さてさて、使い心地といえば なかなか しっとり もちもち。
これは、太白ごま油の効能だと思う。ただ、なんとなく 付けてから
しばらくすると、ツッパリ感があるように思う。。。
これは、なぜなんだろう?。?これも、ちょっと調べてみることに。
そうだ、それとこのオイル 紫外線吸収剤の役割をするらしく、
要は軽い日焼け止めになるそうだ。それと、リノール酸効果が 期待できるみたい。
面白い素材だけあって、使いこなしてみたいな。



共通テーマ:blog

ステアリン酸届いたよ!! [   ステアリン酸石鹸で乳液]

    
 
早々、届いた、待ってましたぁ^^。
メール便だというのに、結構 早く届くことに感激!
お昼の休憩に、短時間で出来そうなので ステアリン酸石鹸を作ることに
した。かなり、期待してる自分がいる。。

      材料 ステアリン酸 100g
          精製水     35g
          苛性ソーダ   14g

苛性ソーダを精製水に溶かすところまでは、順調に。
しかし、トラブル発生!!
ぎゃお〜!!どーしよう。。。ステアリン酸を先に溶かしておかなければならないのに、
そのままソーダ水に投入してしまった。
おかげで、粒粒のまま固まりだしてきた。ばかだった。
あ〜ん、無駄にしてしまうのか。。いやだ!
と言うことで、最度 水分補給。湯煎していたお湯をひたひたになるくらい
足してやった。なんとか、まだましになった。
ホットプロセスなので、水分も蒸発しやすく助かった。
失敗のせいもあり、15分くらい攪拌することになった。それから、
無理やり型入れをし、あっという間に あったかい石鹸の出来上がり。


すぐ、乳化剤の試しをしてみたいところだったのだけど、先程の失敗で
苛性ソーダがちゃんと反応してるか心配だったので、石鹸の固まりを
おろし器で、粉末状にする。これなら、再度溶かす時に 混ざりやすいだろうと言うことで。

次回へつづく。。



共通テーマ:blog

悩める乳化剤(1)の巻き [   ステアリン酸石鹸で乳液]

日々、自分に合う(肌荒れのしない)乳化剤に出会いたくて。。。
インターネットで、検索の毎日。
結構、考えてみたけど なかなか いいのがない。
レシチンは、もちろん いいのだけど どうも 使用する油などで
日が経つと分離してしまう。
臭いも気になるので、最終手段にとっておくことにした。

で、ある時思った。ステアリン酸も乳化剤になると、あったなぁ〜と。。
でも、これって 石鹸作る時に早く固める為に使うんでしょ?。?
って、きっと固める作用を乳化って言ってるんでしょうが、と
ずっと思ってて手を出さなかった。でも、気になってきた。
今まで自分が使ってた化粧品乳液メーカー品)の使用している
乳化剤を調べてみたら、どうも ステアリン酸っぽいのだ。

以前 手作り乳液で肌を荒らした乳化剤は、私の場合 エマルシファイイングWAX。これは、顔の皮膚がむけたり、湿疹が出来たりしたのだ。
他の方はいいかもしれないけど、私の場合はきっと このWAXの成分のひとつであるセチルアルコールがダメなんじゃないかと判断した。
だから、ステアリン酸なら、アルコールが使われていないからOKなのではと考えた。そこで、昔すべてを教わったTAOさんのHPを思い出した。
たしか、ステアリン酸で、乳化剤を作るってのがあったと思いだし
再度、このサイトへ飛んでいった。
当時の私には、興味がなかった化粧品関係だったので なんで、わざわざ
石鹸作ってから乳化剤として使うんだろう?という、疑問くらいしか
浮かばなかった。それなら、どんな石鹸でも、乳化剤になるんじゃないの?
なんて、あやふやな知識で通り過ぎてた。

ところがそれは今、すごく 重要な意味を締めていたことに気づいた。

先程言っていた、私が前から使っていたメーカー品の乳液に
使用されている乳化剤は、正式名はモノステアリン酸グリセリル
名前を挙げていた。これは、自己乳化型乳化剤らしい。
そして、これは どうも 私の理解では ステアリン酸と石鹸が合わさったものを言うらしく、まさに それは TAOさんがつくっていた、ステアリン酸
石鹸なのじゃないかと。これなら、私の肌に抵抗なく使えそうな気がする。

なので、さっそく ステアリン酸を注文したよ〜!!
で、到着しだい チャレンジしてみたいと思います。
私の勝手な憶測かもしれませんが、もし間違っていたらごめんなさい。




共通テーマ:blog
   ステアリン酸石鹸で乳液 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。